PrEP入門内服方法

PrEPの内服方法は2つあります。どちらの内服方法が適切か医師に相談してみましょう。

1⽇1回1錠を毎⽇内服する(Daily PrEP)

男性同性間の性行為、男女間の性行為、トランスジェンダーの方、薬物静注によるHIV感染リスクのある方、すべての方に有効性が確認されている方法です。1日1回決まった時間に1錠、リスク行為のあるなしに関わらず、毎日内服します。


毎⽇1⽇1回決まった時間に1錠内服する

リスク⾏為の前後で内服する(on demand PrEP)

男性同性間の性行為のみに有効性が確認されています。性行為の頻度があまり多くない人、性行為の予定が決まっていて事前に内服が可能な人、経済的な負担の軽減をしたい人はPrEPのオプションとして検討することができます。

性行為の2時間~24時間前に2錠、最初の内服から24時間後に1錠、さらに最初の内服から48時間後に1錠を内服し(2-1-1)、終了する方法です。

性行為の2時間~24時間前に2錠、最初の内服から24時間ごとに1錠内服を2回続け終了

なお、慢性B型肝炎に感染している人はon demand PrEPは利用できません。


内服中に次の性行為があった場合には、最後の性行為からさらに2回、1錠ずつの内服を続け終了